学生がクリエイターになるまで

高2です。 自称なんでも(できるようになりたい系)クリエイターのユゥです! 日記や作った作品を公開していきます! コメントとか残してくれたらうれしいです。

新曲「猫になりたい!」を投稿しました~裏話などなど

どうも、ユゥです。

僕のボカロオリジナル7作目「猫になりたい!」を投稿しました。

 聞いてもらえたでしょうか?ロックに挑戦しました!!!

ONE OK ROCKにハマってからロックが大好きになりました。

というわけで今回は「猫になりたい!」の歌詞の意図やPVのストーリーの秘密などを後づけの要素92%で綴りたいと思います。

多分ご想像よりはるかに重い内容のストーリーだと思いますのでご注意ください。(後づけだから☆)

まず、登場人物は2人います。高校生くんと社会人さんです。

高校生くんも社会人さんも、学校や会社での悩みが大きくなり耐えきれなくなりオナラをしてしまいます。

2人は猫が大好きで、病んだときは猫に会って癒やしてもらっていました。

そんなとき、猫になればずっと寝ていられるし、かわいがられるし、癒やしの象徴である猫同士で仲良く暮らせると思い、猫になりたいなぁwなんて思います。

その気持ちを猫に伝えると、なんと猫になれたのです。

というのは、夢の中の話でした。

夢にショックを受けたのでまた病みます。

そして、猫アレルギーを我慢して町外れの猫カフェに入店します。

初めて入った猫カフェに大きな驚きと幸福感を得て、猫カフェが天国なのでは、天国には猫がたくさんいるのではないだろうか、むしろ天国は猫の国なのではないか、と考えます。

ここで、「猫になりたい=天国に行きたい」という考えになります。幸福であふれる猫の国へ行くための支度を始めようと考えます。

そして猫の国への入り口へたどり着いた高校生くんは支度を進めようとしますが、そこでもう1人猫の国へ行きたいと思われる男性が登場します。それが社会人さんです。

2人は一緒に支度をしようとしますが、徐々に何かに邪魔をされます。

2人とも猫の国へ行く勇気が出す、2人は大好きなのこのことについて話し合います。

そして、辛い毎日が続き、猫に癒やされても心がボロボロになっていましたが、そのときにも猫は彼らを癒やし続けていた、励まし続けていたということに気づきます。

猫になりたくてもなれなくて、猫になろうとしても勇気が出ない彼らは眠る猫の顔を見てそのバカバカしさに気づき、思わず笑ってしまいます。

猫になると、猫と仲良くできて癒やしを間近で感じられると思っていましたが、猫から癒やしをもらうという感情は人間にしかないという事に気づき、人間として生まれてきてよかったと二人は思います。

それは猫に限らず、犬もスカンクもザリガニも全部いっしょだなぁと思います。

そして2人は人に勇気を与えられる人になりたいという思いで、また『猫になりたい!』と歌い始めます。

2人はそれぞれの夢へと向かっていくのでした。

 

以上が歌詞とPVの解説でした。

というのは嘘です。どこまでが嘘かというとうんちです。

僕は猫になりたいのですが、そのためにはまずかわいい女の子になることが必要だと考えております。

 

 

…真面目に話すと、普通に毎日たくさん猫のように寝ていたいなぁ~テスト無理がっこうむり。教師と生徒が全員猫だったならば私は猫になっていただろう。

 

 

最後に猫になれるグッズを貼ってお別れしましょう。

 

 

ではまた✋